大学入試英語の穴埋め問題:関係代名詞と関係副詞のどっちを選ぶか? シンプルに考えれば簡単!

   

YOUTUBEを見ていたら、穴埋め問題で関係代名詞と関係副詞のどちらを選ぶべきかの考え方を解説する動画がいくつかあったので、その題材を借りて、ちょっと考えてみましょう。

関係代名詞と関係副詞の見極め(難問) 木下陽介講師/河合塾アツコウch. https://www.youtube.com/watch?v=IfFk3yw_Mvk の例題は、
America is the country, ( ) I wanted to live in for a long time.
1. where  2. in which  3. in where  4. which

【英語】関係代名詞と関係副詞 見分け方|東大生ならこう解く!赤門English https://www.youtube.com/watch?v=n3-AZOaKNUc の例題は、
This is the house ( ) I live.
This is the house ( ) I love.

さて、あなたは簡単に正答がわかったでしょうか?

自分が関係代名詞を学校を習ったのは何十年も前のことで、中学3年のときでした。そのときの先生が関係代名詞をどう教えてくれたのかは今でもはっきりと覚えています。非常に簡単なことです。2つの文がまずあって、共通する言葉を代名詞に変えて、2つの文をつなぐだけでよいのです。高校で関係副詞をやりますが、考え方は基本的に同じです。中学のときにならったこの関係代名詞の文の作り方は、非常に普遍的なので、それだけで難関大学の入試問題でもわけなく解けます。

上の一つ目の例題。America is the country, ( ) I wanted to live in for a long time. だが、これを2つの完全な文にまず分けます。

America is the country.
I wanted to live in the country for a long time.

the countryが共通するので、2つめの文ではそれを関係代名詞に書き換えます。今は、カンマがあるので「非制限用法」であるからthatではなくwhichを使ましょう。

I wanted to live in which for a long time.  which を文頭に持ってきて、前の文と繋げます。

America is the country, which I wanted to live in for a long time.  だから、答えは簡単にwhichだということがわかります。ちなみに前置詞+名詞をひとまとめにして、

America is the country, in which I wanted to live for a long time. という文にしても構いません。

どうでしょうか?非常に簡単だと思いませんか?

2つめの動画の例も考えてみます。やりかたは全く同じで、2つの文に分けてみます。

This is the house. I live in the house.  共通するthe house をwhichに変えて、文頭に出し、さらに1文めとつなげます。

This is the house in which I live. これで答えがわかります。

This is the house (    )  I love. も同様。

This is the house. I love the house.

This is the house which I love. これで答えがわかります。

 

いまどきの中学生は、こういうことを全く習わずに関係代名詞をTHATで済ませるようです。ちゃんと関係代名詞の使い方を理解せずに高校に入ると、そこで躓いてしまいます。そこに関係副詞whereとか、in which, of whichなどが出てきて、すっかりこんがらがってしまうのではないでしょうか?

関係代名詞や関係副詞は、もともと2つの文をつなぐための道具でしかないと考えれば、非常にすっきりと理解できて、入試問題でこの手の文法問題が出れば、確実に点が取れることになります。

 - 関係代名詞と関係副詞